決して相容れない存在!?機械式時計と携帯電話

携帯電話の普及で時計を持たなくなった人が増加

ここ20年で爆発的に普及した携帯電話。昨今はスマートフォンが主流となって久しいですが、これらの時計機能によって、それまでビジネスマンなどのシンボルとされてきた腕時計が大きく駆逐されてしまいました。腕時計にとっては携帯電話は仇敵なのかもしれませんが、これが機械式時計だった場合は最早天敵とまで呼べる状況かもしれません。その間柄は手軽さと手間がかかるという対極的な関係であるだけでなく、機械式時計の手入れの面から見た場合、携帯電話は文字通りの天敵となりうるからです。

機械式時計は磁気厳禁!しかし携帯電話には…

機械式時計は極小な金属部品からできているデリケートな機械なので、その部品が磁気を帯びてしまうと正しく動かなくなってしまいます。従ってテレビやパソコンの近くに置いてはいけないとされています。これに対して携帯電話はGPS機能などのために磁気を利用しているため、磁気厳禁の機械式時計とは相容れないのです。状況などにもよりますが、基本的に携帯電話を使う場合は機械式時計をしていない方の手で持つか、時計を外してから使うようにしましょう。

携帯電話の磁気が機械式時計に移ってしまったら

どんなに注意深く使っていたとしても、やはり磁気という観点から相容れない携帯電話を機械式時計の近くに置いたり、時計をしている手で携帯電話を使ったりしてしまうことはあるかと思います。不幸にもこうした場合に携帯電話の磁気が機械式時計に移ってしまった場合は、決して自然に磁力が抜けることはないため、部品の交換や主要パーツの脱磁処理を含めたオーバーホールを行う必要があります。そうならないためにも、機械式時計が磁気に弱いことをしっかりと把握しておきましょう。

守り神の象徴であり、不死のシンボルでもあるスネークがモチーフです。繊細な彫刻と研磨が施されたゴールドがダイヤの輝きを一層引き立せます。ブシュロンで女性に人気のモデルです。