植物を使って賢く省エネしよう! 壁面緑化とは

壁面緑化の効果とは?

環境への負荷を下げる施策として、近年「壁面緑化」が注目されているのをご存じですか。商業施設や一般の住宅の壁面に植物を設置して、夏の日光をさえぎることを主な目的としています。夏は日差しが大変に強いため、建物全体が熱せられてしまい、室内も気温が上昇してしまいます。そこで建物の壁面に植物を設置すると、日光がさえぎられて建物が熱せられるのを防ぎます。結果として、エアコンの使用時間を減らしたり、温度設定を高めることが期待できます。

壁面緑化に適した植物とは

壁面緑化に適した植物はいくつかあります。基本的には、常緑の植物を選ぶのがおすすめです。落葉樹を選んでもかまいませんが、落ち葉の処理が大変になる場合もあります。適した植物としては、つるを伸ばして生長していくタイプがよく選ばれます。この場合、つるがからみやすいように、ネットなどを設置する必要があります。つるが伸びるタイプは、伸びる方向を簡単に修正できるメリットもあります。また、自力で壁に吸着して生長するタイプもあります。この場合はネットなどを用意する必要はありません。

補助金を活用する方法もあります

建物の近くに植物を植えられる土壌がない場合、あるいは建物の高い場所まで植物を伸ばしたい場合は、足場を組んでプランターを壁面に設置する方法もあります。この方法をとれば、つるが伸びるタイプの植物である必要はなく、好きなものを植えられます。また、水を流すためのパイプも合わせて設置でき、水やりを自動化することも可能です。このような設置方法の場合は工事費用がある程度かかりますが、自治体によっては補助金を出していることもあるのでうまく活用してください。

都会では土地柄の関係で自然の木々や草花が少なくなっています。その対策として、壁面緑化という壁面に草花を植えることで自然を増やしているのです。