種類豊富な和菓子!こんな和菓子があるのを知っておこう

小鹿の模様に似た和菓子とは

和菓子と一口にいっても実はとても沢山の種類があるのですよ。しかし普段は同じような種類しか食べていないという方であれば、あまり和菓子の種類を知らないという人も多いでしょう。おはぎやどら焼き、みたらし団子、あんみつなどが一般的であり、旬の時期になると桜餅や柏餅など食べますよね。種類は沢山あるのですが、名前は聞いたことがあっても食べたことがないという種類もあるでしょう。例えば「鹿の子」です。かのことよみ、子鹿の模様に似ている事から名前が付けられ、求肥を餡子で包んで小豆などをつけた可愛らしい和菓子です。

6月に食べる和菓子とは

和菓子は昔から日本で食べられてきた菓子であり、時期がくると食べるものも多いのです。桜餅や柏餅など有名ですが、他にも「水無月」という和菓子もあります。これは名前の通り6月に食べる菓子であり、夏を迎える前の6月30日に京都では食べるそうですよ。水無月はういろうに小豆をのせた三角形の和菓子です。昔の御所ではこの時期に氷室の氷を取り寄せていたそうで、氷の形をまねて三角形にしているそうですよ。由来が分かると食べるも楽しくなりますよね。

色鮮やかな和菓子とは

和菓子の中に落雁という種類があります。これはらくがんと読み、若い方であれば食べた事がない人も多いかもしれませんよね。もち米などの粉に水と砂糖を混ぜ合わせて、様々な色に着色して固めた和菓子です。香ばしく口の中に入れるとほろっと溶けて上品な甘さが口の中に広がっていきます。落雁は乾燥したものが一般的ですが、生タイプも販売されているのですよ。和菓子にもこのように種類が豊富なので、一度和菓子店に足を運んで色々購入してみたいですよね。

ずんだ餅は、枝豆をすりつぶした餡を絡めた餅ですが、枝豆は大豆ですから、大豆イソフラボンもとれて、女性向けのヘルシーデザートです。